メンバ募集!

ラストシューティングではいっしょにアプリ制作をするメンバを募集してます!
スキルアップを目的としたサークル活動の形です
各人のスキルを活かして、みなでアプリを創りストアに公開するまで行います
ご興味がある方はブログ横のFacebook・Google+のリンクやメールにて気軽にご連絡ください~ (・ω<)

ラベル

技術 (80) 開発 (77) ゲーム (67) アプリ (63) 福岡 (59) 趣味 (59) android (52) アニメ (22) レトロゲーム (21) 温故知新 (21) ガンダム (19) レポート (19) WEBサイト (17) 経済 (17) iOS (9) 麻雀 (7) グルメ (5) マンガ (4) Wear (1)

2014年4月13日日曜日

[温故知新]レトロゲーム研究 「重装機兵ヴァルケン」の巻

Shunです。

古きゲームから学ぶこともあり、温故知新シリーズ。
さて、今回は、、、

コアなファンが多い名作

「重装機兵ヴァルケン」(スーパーファミコン)

ふと、SFCのソフトを見ていたらこのヴァルケンを見つける。
持っていたことを忘れていた。
このゲームはSFCのロボットアクションの傑作と呼ばれる。

とりあえず、軽くプレイしてグッドとバッドのEDみた。
隠し武器「ナパーム」をとってクリアもやってみた。

ところどころの演出の良さが光る、よくまとまっているアクションゲーム。
短いが文句をつけるところないかも。

以下、基本データとレビュー、ついでに攻略のメモ、文末に改善案。

!!!以下、ネタバレありなので閲覧注意です!!!

・基本データ
1992年発売。
発売・開発ともメサイヤ。
メサイヤはNCS(日本コンピュータシステム株式会社)のゲームブランド名、今はなき。
メサイヤは個人的にはらんまのゲームでお馴染みだった。
あと超兄貴とか妙に印象深いゲームを作っている。
VCでも配信中。

このヴァルケンを作ったスタッフは独立して「大宮ソフト」を起業。
スクウェアのフロントミッションシリーズ・ガンハザードを手がける。
ガンハザードを先にプレイしていた。実に私の好みのアクションRPGだった。

ちなみにPS2にヴァルケンのリメイクが出ているが
評判がすこぶる悪いので注意。

・2Dロボットアクションの金字塔
横スクロールのステージクリア型2Dロボットアクションゲーム。
ガシャンガシャンと重厚なロボットの動きが特徴。
慣れると快適な操作性。

武器をパワーアップさせる仕組みもあってちょっとした成長要素?もある。
ドラマを重視していてアクション中にパイロットやクルーの会話が多数入る。

ステージは7つぐらいだったか。ちと短いかなーと思う。
ただ中だるみすることなく一気に行くので悪くはない。
サクッと終わるのでセーブもパスワードもない。

・グラフィック
ロボットのデザインはなかなか。立ち絵のグラはぱっとしないが。
アサルトスーツやボスのロボはどれもかっこ良さがある。

キャラデザイン設定にうるし原智志氏。
ラングリッサーでも同氏のイラストだったな、メサイヤと仲いい?
ストーリーはものすごくシリアスだがうるし原氏のキャラの絵のおかげで
ひたすら男くさい感じにならずによいマッチをしていると思う、私は。

・操作性
ショットとジャンプの他、ダッシュと武器切り替え、ホールドとシールドのボタンと
ちょっと複雑だが、私はこのぐらいの操作感が自在さがあって好き。
キーコンフィグは固定の4タイプから選ぶ。
実は私の好みにあう形ではなかったがデフォ操作に慣れれば問題なかった。

ダッシュはボタン押し以外に左右ボタンを素早く2回押しでも可能。
だが、この2回押しダッシュが出にくいし暴発もする。
武器の角度を水平とナナメとにグリグリ変えながら進むとダッシュが暴発。
で、普通に2回押しするとダッシュになりにくかったり。
結局ダッシュボタンを使ったほうが安定。ここは調整したが良かったかも。

武器切り替えは少し不便さが。咄嗟に変えるのは難しい。
結局、ポーズをして切り替えする。
(ポーズ中に武器切り替えボタンで切り替えれる隠し仕様、これ便利)
いっその事、武器ボタンを2つにして
ポーズボタンで割り振りを変更する仕様がよかったかも。

・音楽
良い。2面の曲良かったな。

・マルチED
と言ってもgoodとbadの2つだけ。でもどっちも良いので見たがいい。
特定のステージで時間制限の敵の撃破に失敗すると分岐する。
特に某ガンダム(逆シャア)を思い出す、隕石要塞落としを食い止めるステージ。
成功と失敗があるが、失敗した場合、
次ステージで見どころがあるショッキングなシーンが展開される。
背景に隕石要塞が落ちている様子はビックリしたなー。
この演出はゲーム史に残る、、、かも。

・コンティニュー
回数3回の制限付きコンティニュー。
正直、初見ではまったく足りない。
しかし、無限コンティニューできるコマンドがある。
無限コンティニューにしてもなにかペナルティがあるわけでもないような。
なら初めから無限コンティニューでいいじゃんと。

・ゲームバランス
やや難しい部類だが良好。
初見でもノーコンティニューで隕石要塞ステージぐらいは楽にいけるかと。
一度クリアしたあとならラスボスまでノーコンティニューでいけるかな。
ラスボスもそう強いわけでもないのでダメージ受けないように気をつければ難しくない。
このゲームバランスの良さでファンが多いのもあるのかもね。

・シールド
このシールド、グラフィックでは前方に展開しているが全身無敵になっている。
なので、大変有用性が高い。
咄嗟の攻撃はジャンプよりシールドを出すのがこのゲームの基本。
ただ、シールドを出している間は武器のエネルギーが回復しない。
これは不便だがゲームバランス的にはよい仕様と思う。
シールド中に武器エネが回復していたら簡単になりすぎていたと思う。

・隠し武器ナパーム
ザコは一撃で倒せる強力な武器。連発もできてほとんどのボスを瞬殺できる。
ゲット方法が特殊。敵を倒さずクリアとけっこうむずい。
1面でゲットするがレベルアップしない不十分な状態、
2面を敵を倒さずクリアでレベルアップして真の力が発揮される。
1面の殺さずクリアは簡単だが、2面が超むずい、
と言っても何回か練習すればできるけど。

このナパーム、実はちょっと使い勝手が悪い面もあったり。
弾道にクセがある点と連発した後回復が遅いという点。
まあ、それでも超威力なのであったら難易度下がるけどね。
でも、レーザーも強力なのでなんとも。
ミサイルは驚くほど使えないクソ武器だけど。
ミサイルはどうにかならんかったのかな。

・光る演出とストーリー
先の隕石落としも良い演出だが他にも印象深いのが。
大気圏突入時に助けた敵、奪い返しにきた敵リーダー、
その敵リーダーは味方一人を撃ち落として連れ帰る、恩を仇で返される。
さらにラストステージにはその助けた敵が襲ってくる。なんともやるせない。

あと敵国の大統領を追い詰める時、
議事堂の天井を突き破るシーンもなかなか好き。


~~~改善点~~~
致命的な問題点はない、あえて上げるならば。。。

ダッシュの暴発防止。
左右ボタン2度押しダッシュはon/offできれば良かった。

固定武器切り替えボタン。
武器が3つ以上あると順繰り切り替えだと素早く選択できない。
ボタン固定で特定の武器を選択できるとかできたら良かったかも。

回数制限付きコンティニューはなしで。
デフォルトから無限コンティニューでよいと思う。

ステージ数が少ないのは欠点ではない。
短時間にドラマティックで満足できるアクションが楽しめている。
もっと遊びたかったらガンハザードを遊べばいい。