メンバ募集!

ラストシューティングではいっしょにアプリ制作をするメンバを募集してます!
スキルアップを目的としたサークル活動の形です
各人のスキルを活かして、みなでアプリを創りストアに公開するまで行います
ご興味がある方はブログ横のFacebook・Google+のリンクやメールにて気軽にご連絡ください~ (・ω<)

ラベル

技術 (80) 開発 (77) ゲーム (67) アプリ (63) 福岡 (59) 趣味 (59) android (52) アニメ (22) レトロゲーム (21) 温故知新 (21) ガンダム (19) レポート (19) WEBサイト (17) 経済 (17) iOS (9) 麻雀 (7) グルメ (5) マンガ (4) Wear (1)

2014年6月6日金曜日

Startup Weekend Fukuoka体験録(1/3)

Shunです。

来週の金曜から日曜にかけて、
今年のStartup Weekend Fukuokaが開催されます。
http://fukuoka.startupweekend.org/
起業を「本気」で目指される方にはすばらしい経験ができるイベントです。
まだ一般枠が多少空いているみたいです。
興味ある方は急ぎご参加を!

ということで、今週末は去年の11月に、
私がStartup Weekend Fukuokaに参加したときの体験録を掲載したいと思います。
(Startup Weekend Fukuokaの開催の3日間に合わせて更新ね!)

どんなものか雰囲気はつかめるかなと思います。
(個人的意見も多数でちょっと生々しいですが^^;)

では、Startup Weekend Fukuoka2013.Novの1日目です。

--------------------------------------------------------------------------------
---2013.11.15(金) 1日目---
--------------------------------------------------------------------------------
[18:30] 受付開始
ネームプレートをつくる。
自分の名前がわかるようにサインを書く。
ネームプレートは3種類あり自分のスキルで選ぶ。
  「Hustler」プロデューサー、企画・マーケティング担当
  「Hacker」プログラマ、エンジニア
  「Designer」ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー
私はもちろん「Hacker」で。
大体はニックネームを英語で書く人が多い。
私はよくわからず名字そのまま「今井 imai」としてしまった。

「shun」にすべきだったとずっと後悔。
ネームプレートの裏には3日間のタイムスケジュールが書かれており便利。


[19:00] 夕食
参加者は60名前後か。
せまいテーブルで立食パーティ。
おきまりのピザとサラダ、ビールとソフトドリンクは多々。
どこに皿おけばいいんだよ、、、とやや途方にくれながら食べて飲んで話して。

ざーっと見ると、7,8割は「Hustler」。
「Hacker」「Designer」は少ない。
実際モノを作れる「Hacker」「Designer」は重宝されることになる。
あと、「Organizer」のネームプレートの方も。
この方たちはボランティアで進行や会場設営やされる方々。

インターナショナルということで
サリーを被った女性が2人参加されていた。
(彼女たちとはまさかの展開をする)

「Hacker」だといろんな人が話しかけてくれる。
私は5,6名の人と話したと思う。
前回の優勝チームにいた九州大学の学生とよく話した。
彼の自信のみなぎり方は半端なかった。
九州大学絡みの学生や関係者が多い感じ。

夕食中にタイムスケジュールの説明。
OrganizerのMichael(Doorkeeper代表取締役、Rubyエンジニアのドイツ人)と
shingo(九州大学准教授)が説明。
Micheleはall Englishで説明。うん、雰囲気しかわからん。
shingoが「(訳さなくても)わかるよね?」といって簡単に説明。
なるほど、やっぱり英語ができて当たり前で進めるのね。
でも、実際は参加者の7割は英語できないと思う。(調べてないけど)
(ちなみにやたら「Yay!」とか「Yeah!」のノリで進む、なれない人注意)

夕食しつつ、アイスブレイク。
適当に6つぐらいチームにわかれて
適当なキーワード2つでビジネスアイデアを考えるもの。
これはあくまでアイスブレイクなので実際つくるものではない。
1チーム10人前後、10分(だったか)でアイデアをまとめて1分(だったか)で発表。
このStartup、全体通して時間がタイト。あえてタイトな中でやらせる意図なわけで。

[20:30あたり?] ピッチ
ここから本番。
各自の様々なアイデアを1分間に凝縮して話す。
20名ぐらいだっったか?そのぐらいの発表があった。
デジハリからも「dai」があとから思い立って発表。
(これもひとつ運命を決めることになるわけで)

だいたいのアイデアはソーシャル・SNS関係。
ソーシャル+αとよく聞く話。
そんななかでもおっと思うのは確かにあったりはする。
ぼっち用とか植物のは面白いなーとか。

ピッチのあとはみなバラバラに発表者に話しを聞きに行って
そのアイデアと思いの強さを確認する。

私は前回優勝チームにいた九大の彼に話を聞いたり
ゲーム関係のアイデアを出したいた学生に話を聞いたり
daiに話を聞いたりした。
daiは年金の問題の解決や手話のコミュニケーションをアプリで行う、というアイデア。
私は親族にろうあの方がおり、興味惹かれる。

30分ぐらい後投票。
20ぐらいのアイデアペーパーに参加者1人3枚の付箋の投票用紙が渡される。
やってみたいアイデアに好きなように投票する。
私はゲーム関係のアイデアに1票、daiの福祉関係に2票入れた。

アイデアペーパー投票数が多い上位10個が残る。
私が投票したゲームのは落ちたが、daiの福祉関係が残った。
その後、残ったアイデアのどこに自分が入るか各自決める。
ということで私はdaiのところに。。。
あれ、サリーの女性がふたり。。。!?

最終的にdaiのもとには私imaiとサリーの女性diniとirmaの4名。
(後で知るがdiniとirmaは九州大学院の人間環境学科在学中のエリートである)
diniとirmaは日本語の会話はほぼできない、Englishでこなす必要がある。
初参加で初CEOになったdai、初参加のimai、
そしてEnglishでコミュニケーションになるdiniとirma。
Startupでもかなり異色中の異色だったのではないだろうか。
(そんなこといってもなんのジャッジの足しにもならないのがStartupである)
diniは「Hustler」、irmaは「Designer」、私とdaiは「Hacker」と実はバランスは良い。

その後はチームでアイデアのブラッシュアップ、
そして重要なMVP(必要最低限機能)作成に向けて担当分担。
Englishコミュニケーションの壁が現れる。
幸い、daiは学会でEnglishスピーチをこなしたスキルがあるので
なんとかdiniとirmaに会話することができた。
(私は英会話はまったくダメ。daiがNGなら詰んでいた)

実はdiniがもっともアイデアに意見を出す。
それを聞いてdaiと私が整理していく感じになる、Englishで。
おそらく他のチームの10倍以上は時間がかかるだろう、
とわかっていたので、議論することは抑えことになった。
「手話」に主点を置いたアプリの開発を行うことに。
会社名は「HANd bRIDGE.com」、「健常者と障害者を繋ぐ橋」という意味から。
(「意見出しを抑えた」、それはよいことではない、
 がこの短時間・短期間でEnglishコミュで行う場合、私は最適だったと信じる)

会場となったOnRampは23時退出必須。
それまでに明日まで各自やってくる作業を決める。
(え、23時以降もやるの?Startupでは徹夜は当たり前です、という雰囲気)

まず、明日土曜の14:00にコーチと呼ばれる起業のプロたちに説明することになるので
その説明する際の資料の作成になった。
(ほんとうはアプリの作り込みとか夜通しやりたいところだけど、
 そんなレベルでMVPの形はまとまらなかったわけで)
私はdiniたちが描いたイメージの資料作成を、
daiは本日のまとめ資料作成を朝までやってくる。
diniとirmaには作業は振らず、振れず。

~1日目終わり~