メンバ募集!

ラストシューティングではいっしょにアプリ制作をするメンバを募集してます!
スキルアップを目的としたサークル活動の形です
各人のスキルを活かして、みなでアプリを創りストアに公開するまで行います
ご興味がある方はブログ横のFacebook・Google+のリンクやメールにて気軽にご連絡ください~ (・ω<)

ラベル

技術 (80) 開発 (77) ゲーム (67) アプリ (63) 福岡 (59) 趣味 (59) android (52) アニメ (22) レトロゲーム (21) 温故知新 (21) ガンダム (19) レポート (19) WEBサイト (17) 経済 (17) iOS (9) 麻雀 (7) グルメ (5) マンガ (4) Wear (1)

2014年6月18日水曜日

Typetalkでよろしく!

Shunです。

HangoutよりTypetalkで連絡してくれと言っているのに、、、
とグチったりする今日このごろ。

GoogleさんのHangout
ヌーラボさんのTypetalk
どっちもチャットツールとして使えます。
Web上でも使えるしアプリももちろんあります。

なんで、HangoutよりTypetalkを使えと言っているのか。
それはHangoutが残念な使い勝手だからです。


Hangoutが気に入らないのは改行の入力が残念な点。
Webサイト版ではEnterキー押すとメッセージの送信です。
なので編集前に送信してしまってあちゃーとなったり。
Shift+Enterキーで改行を入れれます。
この設定を変更する方法はないようです。(私調べでは)
Hangoutのアプリに至っては改行すると送信になってしまう。
送信せずに改行の入力がわからんです。
(これiPhoneだと改行できるとか。どうもソフトキーボードの種類によるっぽい)

ということで、Typetalk。
福岡を拠点とする偉大なIT企業のヌーラボさんが開発したサービス。
Typetalkを使用するにはヌーラボさんのアカウントが必要ですが
その使い勝手はシンプルで直感的に使えてクールです。

Webサイト版では改行の入力については
「Enterで送信」「Ctrl+Enterで送信」の好きな方の設定ができます。(すばらっ!)
アプリでは「投稿」ボタンを押して送信する形。(うん、これでいい!)


まあ、HangoutとTypetalkはその使うシーンや思想の違いはあると思います。

HangoutはGoogleのアカウントが双方にあれば
すぐにメッセージが送れるのは手っ取り早いですね。

Typetalkはヌーラボアカウントの取得が要ります。(もち無料)
トピックという掲示板のスレッドのようなものを立てて使う形。
投稿したテキストを複数選択してまとめる機能が便利です。
議論したときのテキストを整理して後からチェックが簡単です。


ということで環境や相手に合わせて使いこなせばいいでしょうね。

私のヌーラボアカウントはこれです。
  shun1500adv3rd
なんかあったら呼び出してね^^;


[追記]
あ、Hangoutの使い勝手についてはどっかに要望を出しておきます。
グチるだけなのはエンジニア的によくないですね^^;
(そんな要望、万人が書いてるはずなんだけどね)