メンバ募集!

ラストシューティングではいっしょにアプリ制作をするメンバを募集してます!
スキルアップを目的としたサークル活動の形です
各人のスキルを活かして、みなでアプリを創りストアに公開するまで行います
ご興味がある方はブログ横のFacebook・Google+のリンクやメールにて気軽にご連絡ください~ (・ω<)

ラベル

技術 (80) 開発 (77) ゲーム (67) アプリ (63) 福岡 (59) 趣味 (59) android (52) アニメ (22) レトロゲーム (21) 温故知新 (21) ガンダム (19) レポート (19) WEBサイト (17) 経済 (17) iOS (9) 麻雀 (7) グルメ (5) マンガ (4) Wear (1)

2014年7月16日水曜日

住所の英語表記はGoogle Mapsで確認してみる

Shunです。

住所の英語表記。
日本語表記と違い、逆から書いたりして慣れないと面倒ですね。

注意しないとダメなのが「城南(じょうなん)」などの「長音」表現。
「jounan」はNGで「jonan」でOKになります。

書いた英語表記住所が正しい表記なのか確認するため
その英語住所をGoogle Mapsに入力してみて表示されるか試すとよいと思います。
先の長音表記のミスがあるとうまく表示されません。
(海外の方はGoogle Mapsで確認しておかしいよ、と言ってきたりする。
 郵便物なら郵便番号(ZIP code)が合ってれば届くだろうけど)


あと、こんなサイトもあるようです。
日本語住所を英語住所に変換してくれる。
http://judress.tsukuenoue.com/

本当の住所を入れるのは個人情報的に危ういので
番地あたりは適当(6-666-66とか)に変えて使うとよいかなーと思います。