メンバ募集!

ラストシューティングではいっしょにアプリ制作をするメンバを募集してます!
スキルアップを目的としたサークル活動の形です
各人のスキルを活かして、みなでアプリを創りストアに公開するまで行います
ご興味がある方はブログ横のFacebook・Google+のリンクやメールにて気軽にご連絡ください~ (・ω<)

ラベル

技術 (80) 開発 (77) ゲーム (67) アプリ (63) 福岡 (59) 趣味 (59) android (52) アニメ (22) レトロゲーム (21) 温故知新 (21) ガンダム (19) レポート (19) WEBサイト (17) 経済 (17) iOS (9) 麻雀 (7) グルメ (5) マンガ (4) Wear (1)

2014年6月12日木曜日

Eclipseの複数プロジェクトを別のWorkspaceへお引っ越し

Shunです。

Eclipseのお話。
ひとつのWorkspaceに大量のプロジェクトがあると
Eclipseの起動時に全てのプロジェクトにビルドかかったりしてPCが重いですよね。
あと、まちがえてプロジェクトを開いて編集したり実行するようなミスも起きたり。
効率わるい。

なので、開発種別によってWorkspaceを分けて作業しますが
その際、プロジェクトを引っ越ししたりすることもあると思います。

1つのプロジェクトなら単純にプロジェクトのフォルダの場所を指して
インポートすればいいのですが
複数のプロジェクトをまとめて別Workspaceにお引越しする場合。
私がやっている方法のメモです。
(もっと簡単な方法があったら教えてね!)

エクスポートとアーカイブとインポートをガチャガチャします。
ちなみに日本語化したEclipseなのでご了承くださいm(__)m

・[1.]Workspaceの各種設定をエクスポート
移動元のWorkspaceでの操作です。

これはお気に入りのキー設定とかエディタの色設定とかを
別のWorkspaceでも使うためです。
epfファイルに書き出します。

[ファイル]→[エクスポート]→[一般]→[設定]

で「すべてエクスポート」を選択して(デフォでチェックされている)
epfファイルの保存箇所を「参照」で選択します。
(場所はどこでもいいけどWorkspaceフォルダのひとつ上とかでいいかと)
で、完了でepfファイルが作られます。
このepfファイルは一度作れば使い回しできます。


・[2.]複数プロジェクトをまとめてアーカイブ
移動元のWorkspaceでの操作です。

[ファイル]→[エクスポート]→[アーカイブ・ファイル]


という感じのウィンドウが開きます。
ここで引っ越ししたいプロジェクトを選択していきます。
(ちなみにパッケージ・エクスプローラ上で複数プロジェクトを選択しておいて
 [エクスポート]→[アーカイブ・ファイル]を選ぶとはじめから選択されているので便利)

圧縮の形式はデフォのままでOK。
(zipじゃなくtarがいい!とか変えたい人はご自由に)
圧縮ファイルを置く場所を「参照」で選びます。
圧縮ファイル名は適当に。
(圧縮ファイルにしておいて保存して管理方法もある。
 ので名前はわかりやすくしたがいいと思う)

で、「完了」を押すと圧縮処理が始まる。。。
あれ!エラーが出ちゃった。


いやあ、なんかエラーがでるんですよね。。。
で、内容を見るとbinの下のjarlist.cacheが同期取れないとかなんとか。
調べてもよくわからんです。
ただ、binの下なのでビルドした作られるものなので別に要らないんじゃ???

実は圧縮ファイルはできています。
なので問題ないとして進めます。
(書いていてまた不安になってきたけど、ちゃんとインポートして実行できるんだよなぁ)


・[3.]Workspaceの各種設定をインポート
移動先のWorkspaceに切り替えます。
(Workspace作ってなかったら作ってね!)

[ファイル]→[インポート]→[一般]→[設定]

で、ソース設定ファイル欄に「参照」で先のepfファイルを選択。
すべてインポートをチェックして完了。

これでめんどいキー設定とかエディタ色設定とかお気に入りになります。


・[4.]圧縮ファイルをインポート
移動先のWorkspaceでの操作です。

[ファイル]→[インポート]→[一般]→[既存プロジェクトをワークスペースへ]
を選択。
(ここで[一般]→[アーカイブ・ファイル]ではないことに注意。
 こっちじゃないんだよね)

プロジェクトのインポート画面で
「アーカイブ・ファイルの選択」をチェックして「参照」で
先の圧縮ファイルを選択します。


圧縮ファイルに入れたプロジェクトの一覧が表示されます。
意図したプロジェクトが入っていることを確認して「完了」押す。

これで複数のプロジェクトが一気にインポートされます。

ちゃんとビルドして実行できるかとか確認はしてみてください。


・[5.]移動元のWorkspaceのプロジェクトを削除
移動元のWorkspaceでの操作です。

ま、これは操作説明するまでもないですが、
残していては意味がないので圧縮して移動させたプロジェクトを削除します。
削除の際、「ディスク上から~」を選択するかどうかはお好みで。
移動先のWorkspace下に同じプロジェクトがコピー(解凍)されているので
「ディスク上から~」をチェックして消してよいとは思います。
(不安な人は残しておくという判断もあり)

圧縮ファイルは消さずに残しておいてよいのかと思います。
(バックアップとして使えるので圧縮ファイルの管理フォルダを作って突っ込んでおくとか)


・その他
ワーキング・セットを使っている方も多いと思います。
ワーキング・セットを無視してまとめてエクスポート→アーカイブ→インポートすると
移動先のWorkspaceでワーキング・セットに振り分けるとき
ごちゃごちゃで面倒になるかもです。

移動先のWorkspaceでワーキング・セットを作っておいて
移動元でワーキング・セット単位でエクスポート→アーカイブして
移動先のインポート画面でワーキング・セット選択したほうが整理できるかも。
(あまり面倒さは変わらん感じもするな)